« ゴールデンウィークが終わっちゃった~ | トップページ | 気晴らしに~☆☆☆ »

2011年5月12日 (木)

忘れられないあまりにも残酷な・・

私の長男は、24歳の若さでこの世を去った・・亡くならなくても

いいはずの命が、ある病院によって奪われた・・大切なわが子の命を

奪ったあの病院、あの医師が憎い・・一生許せない・・医療ミス・・

長男は、出産時の医療ミスによって、脳性小児麻痺になった。

それでも本人は一生懸命に生きてきた。純粋な心、素直な性格、

思いやりのある優しい子だった。体に障害があったため腸が弱く、

以前、機能性腸閉塞にかかり、1週間ほどの入院で快復した。

数年後、同じような症状になり、病院に連れて行き、即入院。前回

とは見るからに違う症状だったにもかかわらず、医師はただただ

息子をおとなしくさせるために、痛み止めの薬をどんどん点滴から

入れていった。息子はどんどん弱っていき、トイレに立てないほど

にまでなっていた。それでも治療は痛み止めのみ。前回と違う症状

というのは、激しい嘔吐だった。茶色で血の臭いがした。素人目

から見ても異常とわかるのに、何故何もしないのか・・ただただ

静かにさせるための処置・・静かにさせ過ぎて殺した。これは

医療ミスと言うより殺人だ。医師は人を殺しても許されるのか。

私は許さない。絶対に許さない。

亡くなる前の夜、母に付き添ってもらい、私は家に必要な物を

取りに行くために家に帰った。「○○ちゃん、じゃあ行くね」と

言うと、息子は自分の体が辛いのにもかかわらず

「気をつけてね」と言ってくれた。これが息子の最後の言葉に

なった。家に帰って、息子のお気に入りの物や、その他、

いろいろ用意して、次の日の準備をして眠りについた。

次の日の早朝・・病院にいる母からの電話・・・

息子の死の知らせ・・・私は何がなんだかわからなかった。

亡くなるはずがない!なぜ!どうして!・・・・・

今でも亡くなった時の息子の姿を思い出すだけで涙が

止まらなくなる・・

今も、これを書きながら涙・・・

時間が経過するほど、あの時の不信感が大きくなっていく・・

間違いなく医療ミスだ。息子は殺された。

息子に逢いたくて逢いたくて、何度も息子のところに逝こうと

した。3年過ぎた今でもその気持ちは変わらない・・・

常にそれは私の中にある・・・

これを記事にしようと思ったのは、あることがきっかけ・・

私も勇気を出して書いてみようと思ったから・・・

今回はコメント欄を閉じています。

|

« ゴールデンウィークが終わっちゃった~ | トップページ | 気晴らしに~☆☆☆ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401856/39965922

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられないあまりにも残酷な・・:

« ゴールデンウィークが終わっちゃった~ | トップページ | 気晴らしに~☆☆☆ »